わきがの原因と対策方法

わきがの原因と対策方法

わきがというのは臭いがするものだというのは多くの人が知っていることです。

しかし、正しくわきがについてを知っている人やわきがの原因についてしっかりと理解している人は、たくさんいるわけではありません。

わき汗が臭くなることを「わきが」だと思っている人もいるようですが、わきがというのはなったりならなかったりその場によって変わるものではありません。

わきがは体質が原因となって起こるものです。

当サイトでは、わきがの臭いやなぜわきがになるのか、どうすればわきが臭を抑えることが出来るのかなどの対策方法を解説していきます。

このページの目次

まずわきがについて知っておくべきこと

わきがは生まれつき

わきがが気になるようになる年は人によって様々です。
気がついたらわきがに悩んでいたという人、人から指摘されて自分がわきがだと気づいた人などいると思いますが、わきがの体質はある日突然なるものではなくて、基本的にわきがになるかどうかは生まれたときから大体が決まっています。

後ほど詳しく触れますが、わきがの原因となるのはアポクリン腺という汗腺です。

アポクリン腺の数が多いほどわきが体質になる可能性は高いですが、汗腺の数や形状というのは生まれたときに決まっています。年齢を重ねていく中で変化するものではありません。

つまり、生まれた時にその人が今後わきがになる可能性が高い(わきが体質)かどうかが決まっているということです。

生まれた時にアポクリン腺を多く持っている人はわきがになりやすいし、あまり持っていない人はわきがになる可能性は低いのです。

わきがの原因となるアポクリン腺は、人によって持っている数は異なりますが、これは、遺伝が関係しています。

わきがの遺伝子は優性遺伝なので、比較的高い割合で遺伝することになります。

具体的には、両親のどちらかがわきがの場合は50%、どちらともわきがの場合は80%の確率で遺伝することになります。

子供にわきがが遺伝しない方法があるのか?という質問はよくありますが、わきがを遺伝させない方法というのは現状ありません。

わきがの原因と悪化させる6つの要因

わきがの原因と悪化させる6つの要因

わきがの臭いはアポクリン腺から分泌される汗が原因となります。

ただ、勘違いしている人も多いですが、わきがの原因とされているアポクリン腺から分泌される汗自体は、無臭でわきがの臭いがするわけではありません。

わきがの臭いの原因はアポクリン腺から分泌された汗が皮膚の常在菌によって分解された際に発生するのです。

つまり、わきがの臭いの原因となるのは「アポクリン腺から分泌された汗」と「皮膚の雑菌の繁殖」です。

なぜ普通の汗はわきがの臭いがしないのかというと、汗の成分が違うのです。

わきがの原因となるアポクリン腺に含まれる汗には、脂質やたんぱく質やアンモニアなど、さまざまな成分が含まれています。

これらの成分は、普通の汗には含まれていません。

普通の汗は雑菌に分解されると、汗臭いや生乾きの臭いのような感じになるので、わきがの臭いになることはありません。

皮膚の常在菌には「わきが菌(コリネバクテリウム)」というものがいます。

誰もが持っている菌ですが、わきが菌のエサになるものがなければ通常は繁殖することはありません。

このわきが菌のエサになるのはアポクリン腺から分泌される汗です。わきが菌にとっては大好物の栄養素となるのです。

これにより、アポクリン腺が多く存在する人はわきがの臭いが発生するのです。

逆にわきが体質でない人は、基本的にアポクリン腺の数が少ないのでわきが菌が繁殖しづらくわきが臭がすることはないということです。

わきがの根本的な原因はアポクリン腺からの汗とわきが菌ですが、わきが体質の人でも日によってわきがの臭いが強くなったり、あまり臭わなかったりする日があります。

また、これまでわきがではなかったのにある日急にわきが臭を感じるようになってしまったという人もいます。

これらはアポクリン腺からの汗が多く分泌されるときは臭いが強くなることが原因ですが、そもそものアポクリン腺から汗が多く分泌されてしまう(わきがを悪化させる)原因というのがいくつかあります。

わきがを悪化させる6つの原因
  • 食の欧米化
  • ストレス
  • 肥満
  • ホルモンバランスの乱れ
  • タバコやお酒
  • 乾燥

食の欧米化

食の欧米化

わきがを悪化させてしまう原因の1つに食の欧米化が挙げられます。

具体的には、揚げ物や肉類、乳製品などの動物性タンパク質を多く摂ることでアポクリン腺を刺激してしまい、汗を多く分泌させてしまう原因となります。

食の欧米化が進み昔に比べてよりわきが臭が強くなっているとも言われていることから食べ物を肉類中心から魚や野菜中心のに変えるよう心がけることが大切です。

ストレス

ストレス

ストレスもわきがを悪化させてしまう原因の1つです。

人間はストレスを感じるとアドレナリンが分泌されますが、それによってアポクリン腺が刺激され汗が分泌されてしまいます。

ストレスが厄介なのは、自分がわきがだということにストレスを感じてしまいさらにわきがを悪化させてしまうということです。

気にすればするほどストレスを感じてしまいアポクリン腺から汗が分泌されるので悪循環に陥ってしまいます。

わきがに限らずストレスは良くないものです。

人によってストレスの解消方法は異なりますが、自分のストレス解消方法を見つけて極力ストレスを溜め込まないことが大切です。

肥満

肥満

肥満の人は汗をかきやすいという印象を受けるかもしれませんが、肥満の人は痩せている人よりも皮下脂肪が多いため体内に熱を放出しにくいため汗を多くかいてしまいます。

汗をかく働きをする汗腺は2種類あって、体温を下げるためにかく汗はアポクリン腺ではないエクリン腺というから分泌されたものなので、直接ニオイの原因になることはありません。

しかし、汗が増えることでアポクリン腺から出た汗を広げてしまうことに繋がるので間接的にわきがを悪化させてしまいます。

成長期などのホルモンバランスの乱れ

成長期などのホルモンバランスの乱れ

中学生や高校生の頃から急にわきがになってしまったという人も多くいます。

また、これまではわきがではなかったのに妊娠、出産後にわきがになってしまったという人もいます。

これらの原因は成長期や妊娠中にホルモンバランスが乱れることでアポクリン腺を刺激してしまい汗を分泌させてしまったことです。

また、中学生、高校生などの成長期は体の変化によってアポクリン腺を刺激してしまうこともありわきがになってしまうことが多いのです。

タバコやお酒

タバコやお酒

タバコやお酒もわきがの原因の1つです。

タバコに含まれるニコチンはアポクリン汗腺を刺激してしまいます。

また、ニコチンは交感神経を刺激するので、汗が増えます。

この汗は運動などをした際に出る汗と同じで臭いの元にはなりませんが、アポクリン腺から分泌された汗を混ざってしまいわきが臭を発生させる汗を広げてしまうことになるので間接的にわきが臭を強めてしまいます。

お酒の場合はアルコールを飲むことで消化しきれなかったアルコールが汗として分泌されるので体臭を発生させる原因となります。

わきが臭と混ざるのでさらに強烈な臭いを発生させることに繋がります。

また、タバコ同様に汗腺を刺激して、汗を多く分泌するようになるのでわきが臭を間接的に強めることになります。

一方でお酒はストレスを解消してくれるので、程々に飲む分にはわきがの原因となるストレスを取り除いてくれるので良いとされています。

脇の乾燥

脇の乾燥

脇が乾燥しているほど汗が出ないので乾燥しているほど良いと勘違いしている人もいますが、脇が乾燥していることはわきがを悪化させる原因となります。

わきがの原因はアポクリン腺から分泌された汗とわきが菌ですが、これに加えて皮脂が関係してきます。

肌が乾燥していると肌を保護するために皮脂が分泌されますが、この皮脂にはタンパク質が多く含まれているのでわきが菌を繁殖させる餌となってしまいます。

制汗スプレーを使うとわきがが悪化したという話もありますが、これは制汗スプレーを使用することで肌が乾燥してしまいわきが菌が増えてしまったためです。

自力でやれるわきがの対策方法

わきがの対策方法

ここまでわきがの原因を紹介してきましたが、まず上記の原因の中で自分が当てはまっていると感じる要因を改善することが大切です。

その上でわきがの対策方法はいくつかあるので実践していきましょう。

わきがの対策方法は、日常生活の中でできる対策方法もあれば、病院を受診することでできる対策方法まで幅広くあります。

わきがの臭いを抱える人ならば、さまざまな対策方法の方法をためしたことがあると思います。

その対策方法を試した結果、もしも効果があらわれなかったのならば残念ながら正しい対策方法ではなかったのかもしれません。

今回はわきがの原因をしっかりと知った上で、わきがの対策方法について考えていきましょう。

何度も言っていますが、わきがの臭いの原因となるのは「アポクリン腺から分泌される汗」と「わきが菌の繁殖」です。わきがの臭いを抑えていくためには、この二つが混ざらないようにすることが重要です。

わき汗を止めて、わきが菌を殺菌することが必要になります。

わきがの対策方法はたくさんありますが、全てはわきがの原因となるものに働きかける形となります。

食生活からのわきが対策

食生活からのわきが対策

原因でも解説しましたが、毎日の食生活はわきがの臭いに大きく関わっています。

わきがの原因となる汗の中には脂質やたんぱく質などの成分が含まれていると話ました。

これが、わきがの原因菌の栄養素になるのです。毎日の食生活の中で油っぽい食べ物や、肉類などを食べ過ぎないように気をつけて行くことが必要です。

逆にわきがの対策方法につながる食べ物もあります。
具体的には、野菜とお酢とアルカリ性の食べ物です。

野菜を食べると腸内環境が整って便秘も解消されるし、血液がサラサラになるので分泌される皮脂も減ります。

特にわきがにはビタミンCが含まれている野菜がオススメです。

わきがの臭いの原因は汗にに含まれているアンモニアなどですが、乳酸が増えることでアンモニアなどを多く出してしまいます。

お酢はエネルギーに変換される際に乳酸を発生させないのでわきが対策に有効な食材です。

アルカリ性の食品といえば、梅干しやめかぶなどが挙げられます。

アルカリ性の食品を食べることで血液を弱アルカリ性に保つことが出来、わきが改善に繋がるのです。

毎日梅干しを1個食べるという週間を付けるだけでも良いのでオススメです。

日常生活からわきが対策

日常生活からわきが対策

当たり前のことですが、毎日お風呂にはしっかりと入りましょう。

そのときにシャワーだけで済ませるというのではなくて、湯船にもしっかりと浸かるようにしましょう。

シャワーだけではわきがの原因菌が落ちきらない場合があります。

お湯にしっかりと浸かることで肌の汚れが落としやすくなるのです。

そして、これも当たり前のことですが、わきがの対策方法として脇の下を清潔に保つことを意識するというのが必要になります。

脇汗をかいたら、しっかりとデオドラントシートでふき取ることや脇毛の処理をすることで雑菌の繁殖も軽減します。

わきが用のデオドラントクリーム

わきが用のデオドラントクリーム

一番効果が期待でき、即効性のある手軽にできるわきがの臭いをなくす方法はデオドラントクリームを使って、わきがの原因となる汗を抑えて、皮膚のわきが菌も殺菌するという方法です。

多くの人が行っているわきがの対策方法ですね。

わきがの原因にしっかりと働きかけて、わきがの臭いを抑えていくには、強力なデオドラントクリームが必要になります。

わきがの対策に使うデオドラントクリームは近所のドラッグストアなどの市販で販売されているものではなく、ネットでのみ購入することができるわきが専用のクリームが効果的でおすすめです。

強い制汗作用と強い殺菌作用でわきがの臭いをしっかりと抑えます。

市販のものではわきがの臭いをしっかりと抑えられるほどの効果があるものがなかなかありません。

わきがの臭いを抑えるためにはアポクリン腺から分泌される汗を抑えることと、皮膚の雑菌の繁殖を抑えることが必要です。

理論的にはどちらか片方が完璧に抑えられていればわきがの臭いがなくなるということになりますが、脇汗も雑菌も完璧なくすというのは難しく感じます。わきがデオドラント用品には両方の要素があります。

わきが対策デオドラントの選び方

わきが対策デオドラントの選び方

ここまでわきがの原因や対策方法を紹介してきましたが、有効な対策方法としておすすめなのが、わきが対策用のデオドラントを使用するということです。

ただ、わきが対策用のデオドラントは多くの種類のものが販売されています。

その中から良いデオドラントを選んでいくには、ワキガ対策をしていう上で必要なポイントを知っておく必要があります。

ワキガの臭いをしっかりと抑えることができるデオドラントはどのようなものなのか。どんなデオドラントの選び方をしていけばよいのかを紹介していきます。

ワキガを抑えるデオドラントの選び方で重要になる4つのポイントは、「制汗作用」「殺菌作用」「保湿作用」、「無香料」です。

制汗作用

ワキガの対策でワキガの原因となる汗を抑える制汗作用は重要です。

特に人気のデオドラントによく含まれてるのが、パラフェノールスルホン酸亜鉛です。

パラフェノールスルホン酸亜鉛はわきがの原因となる汗の中に含まれているタンパク質と結びつくことで凝固化します。

これが汗腺の蓋になることで汗を抑えます。ミョウバンが配合されていることもあります。

殺菌作用

ワキガのデオドラントに配合されている殺菌成分はイソプロピルメチルフェノールです。

サリチル酸ナトリウムや塩化ベンザルコニウムなどもあります。

消臭成分として殺菌作用の高い柿タンニンのようなポリフェノールが配合されていることもあります。

ワキガの臭いを抑えていくためには強力な殺菌成分が必要になります。

保湿作用

原因の最後でも解説しましたが、脇の乾燥はわきがを悪化させる要因となり保湿はワキガの対策をする上で重要なポイントとなります。

デオドラントの選び方として保湿成分が配合されているものを選ぶことが大切です。

肌は乾燥すると乾燥した肌を保護しようとして皮脂を分泌して膜を作ろうとします。

皮脂はワキガの原因菌の栄養素にもなるのでワキガの臭いを悪化させてしまいます。

なので、デオドラントで保湿することで余計な皮脂の分泌をさせないようにするのです。

無香料

ワキガ対策で使っていくデオドラントは無香料のものを選びましょう。

ワキガの場合は香り付きのものだと、ワキガの臭いと混ざって余計に強烈な臭いになってしまうことがあります。

なので無香料であることが大切です。

その他

その他、選ぶポイントとして、デオドラントの形状は一番効果のある、肌に直接塗るタイプのクリームの形状を選びましょう。

デオドラントの選び方としての選択肢で市販品とネット販売品というものがまずありますが、本格的なワキガのデオドラントはネット販売のみのものが良いものが多いのでネット販売で売られている物がおすすめです。

わきが対策デオドラントランキング

1位 クリアネオ

クリアネオ

クリアネオはわきが対策デオドラントとして大人気です。

イソプロピルメチルフェノールと殺菌作用のパラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれており、W有効成分でわきが対策をしてくれます。

その他、ニオイの原因となる汗を抑えるための天然植物由来エキス7種配合されています。

雑誌などでも多数取り上げられているので見たことがある人も多いかもしれません。

2位 ノアンデ

ノアンデ

ノアンデはも人気のわきが対策デオドラントクリームです。

制汗作用のイソプロピルメチルフェノールと殺菌作用のパラフェノールスルホン酸亜鉛が含まれており、わきが対策用のデオドラントクリームを探している人におすすめです。もちろん、保湿成分も含まれています。

伸びの良い使いやすいクリームでべたつきもなくサラッとしています。

朝塗れば1日効果が持続する手軽さも人気の理由です。

3位 ラポマイン

ラポマイン

ラポマインは制汗作用、殺菌作用はもちろんですが、特に保湿作用に力を入れているデオドラントです。

厳選された21種類の保湿成分や消臭作用として有名な柿渋エキスなども配合されています。

ノアンデ、クリアネオと比べると値段がやや高めに設定されているのがデメリットです。