わきがにはお酢が効果的って本当?使い方は?

わきがの臭いを抑える方法というのは色々を話題になっていますが、わきがの臭いで悩んでいる人はとりあえず、わきがの臭いが抑えられる!という対策方法は試してみますよね。

今回はわきがの臭いを改善すると言われているものを一つ紹介します。それは「お酢」です。お酢にはクエン酸が含まれています。このクエン酸がわきがの臭いを改善する効果があると言われています。

お酢を使ってのわきが対策の方法を紹介していきます。

お酢のクエン酸のわきがへの効果

わきがの臭いを改善していくことに効果があるとされているお酢の成分にはクエン酸が含まれています。クエン酸がわきがに効果的というのは有名な話でもあります。

お酢に含まれるクエン酸は体内に乳酸が作られることを抑える効果があります。乳酸は体臭やわきがの臭いを強くしてしまう厄介なものなのです。クエン酸を取り入れることで乳酸は作られにくくなるので、わきがの臭いを軽減していくことができるのです。

お酢の酢酸のわきがへの効果

お酢にはクエン酸だけではなくて酢酸も含まれています。お酢は酢酸が含まれているから酸っぱいのです。酢酸は肌を弱酸性に保つ効果があります。弱酸性の肌は良い状態というのは最近では広く知られていることだと思いますが、弱酸性の肌というのは常在菌が繁殖しにくい状態です。

お寿司にはなぜお酢が使われているのかというと、生魚からの雑菌の繁殖を防ぐためです。わきがの臭いというのはアポクリン腺から分泌する汗を皮膚の常在菌が餌にして分解して繁殖していくことで、わきがの臭いが発生されます。なので肌を弱酸性に保つというお酢の作用は、わきがの臭いの対策にはとても効果的なことなのです。

お酢を使ったわきがの対策方法

お酢を使用したわきがへの対策方法というのはいくつかあります。お酢をどのように使っていくのかを紹介していきます。どれも毎日の生活の中で手軽にできる方法です。

お酢を飲む

まずは、お酢を飲むということです。毎日大さじ1杯のお酢を飲んでいきます。お酢は飲みにくい人もいると思うので、薄めたり割ったりなど工夫して取り入れるようにしてみましょう。

お酢は普通のものよりも黒酢のほうが飲みやすいと思います。お酢を毎日飲んでいる人の中には、はちみつを入れて、水や炭酸水で割って飲んでいる人も多いです。お酢が苦手だという人もいると思うので、そういう場合は料理に取り入れたりすると抵抗なく摂取することができます。お酢に含まれているクエン酸はお酢だけではなくて、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の果物にも含まれています。

そして、一番クエン酸が含まれているのが「梅干し」です。

お酢をお風呂に入れる

お風呂の湯船にお酢を入れて浸かります。お酢を入浴剤のように使うということです。お風呂にお酢を入れるときは、コップ1杯くらいのお酢を湯船に入れて混ぜます。そうしたら、普通に入浴します。

お風呂にお酢を入れる場合は、体にお酢の臭いがついてしまうので体をよく洗い流すようにしましょう。とても簡単なお酢の対策方法ですが、1週間ほど続けていくとわきがの臭いが軽減する効果が期待できるようです。お酢のお風呂に入るときは、熱いお湯に短い時間入るのではなくて、長く入れるお湯で半身浴をすることもおすすめです。

お酢のお風呂に入った後は、体臭が甘い香りになると言われています。

参考記事:ワキガを改善するためのお風呂の入浴方法〜半身浴が効果あり?

お酢とミョウバンを混ぜる

お酢とミョウバンを合わせることでさらに効果の高いわきが対策になるようです。お酢にミョウバンを混ぜて脇の下に貼れる湿布のようなものを作ってみましょう。

ミョウバンには制汗作用と殺菌作用があります。お酢のクエン酸とミョウバンの効果が合わさって、より高いわきがへの効果が期待できます。この湿布の方法をして、はがしたあとは、しっかりと脇の下を洗い流すか拭き取るようにしましょう。

参考記事:ワキガに効果のあるミョウバンの消臭力って?使い方を紹介!

お酢の臭いが体に残ってしまいますからね。

クリアネオ