ワキガに乾燥は大敵!保湿をすることが重要?

ワキガというのは脇が乾いているほど汗がでなくて良い!と思われていたりもするのですがそれは間違いなのです。

肌の乾燥というのは例外なく全身でどんな場合も良くないものなのかもしれません。脇の下を保湿してベトベトにするのがいいというわけではありません。ワキガ対策に保湿が大切になってくる理由をお話していきます。

ワキガに保湿が重要な理由

2a1dba5202368c8d255fa7deae15782f_s

ワキガの臭いに関わっているのは分泌される汗と皮膚の雑菌です。ここに、もう一つ関わってくるものがあるんです。それは、汗の臭いの質が変わる「皮脂」です。

皮脂の分泌というのはワキガの臭いに良い影響はありません。人間の肌は乾燥をすることで肌を保護して守ろうという働きが起こります。その働きというのが皮脂の分泌です。肌が乾燥することで皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

皮脂にはたんぱく質が多く含まれていて、これがワキガの菌にとって繁殖をどっと増やす餌になってしまうのです。雑菌が増えることで臭いはどんどん強烈に強くなっていくのは分かりますね。そうならないようにするためにも肌を乾燥させないためには保湿が重要になります。

ワキガの臭いが強くなったからと言って制汗スプレーを使うと臭いがますます悪化します。なぜならば、制汗スプレーというのは瞬間的に肌を乾燥させてしまうからです。使うタイミングには注意が必要です。

脇下の「保湿」と「蒸れ」は別物

46ddd9ebab4f81efa18ac73dc48fa7f4_s

ワキガの対策には保湿をすることが大切だけど、「保湿」と「蒸れ」というのは別物になります。保湿というのは肌に水分を与えて潤いを与えることです。

蒸れるというのは風通しが悪い状態で余計な水分が肌にも肌以外にも多い状態です。脇の下が蒸れると雑菌の繁殖は盛んになります。蒸れてしまうことでワキガの臭いは強烈に悪化します。

保湿をされた肌というのは、水分がたっぷりと含まれている張りのある赤ちゃんのような肌のことをいいます。全く別物の保湿と蒸れを一緒にしてしまうとワキガ対策はできなくなってしまうのです。

良いデオドラントクリームの選び方

428b5f367b2b87ce8fb746a786e275b5_s

保湿をすることがワキガには良いことだとわかった上で、良いデオドラントクリームの選び方としては「保湿成分が配合されているものを選ぶ」ということです。

わきがに効果の高いデオドラントクリームには、制汗作用と殺菌作用のある成分が配合されています。ただ、この二つだけでは肌は乾燥してしまうのです。ここにプラスしたい効果は保湿効果です。

ネット通販などで人気のあるワキガ用のクリームには保湿成分が配合されているものもあります。保湿成分が含まれているワキガ用のクリームの大体が肌に優しい無添加、無着色のクリームでワキガ以外の部位にも使えるものの場合が多いような気がします。

制汗、殺菌、保湿の3つの効果がバランスよく保たれていることでワキガの臭いをしっかりと抑えることが可能になるのです。

おすすめのデオドラントを見る

制汗剤やデオドラント用品の種類

9113f9ef32fb9db7c77d68109c0f3448_s

先にもお話しましたが、スプレータイプの制汗剤を使用することで肌は乾燥します。そもそも、ワキガの対策には一般的にドラッグストアなので売られているスプレータイプの制汗剤は向きません。

ワキガへの効果はないのではないでしょうか。制汗剤やデオドラント用品というのは肌に直接塗るタイプのものの方が強力な作用が働くことで効果も高くなります。ワキガの対策をできるのも、クリームやジェルなどの直接塗り込むタイプです。

ロールオンの液体タイプでも良いですが、軽度のワキガには効果がみられるかもしれませんが重度のワキガへの効果は期待ができないことが多いです。直接塗り込むクリームやジェルなどのタイプでも保湿のことを考えていないものというのもあります。

強力な効果があって、保湿効果は含まれていないというようなタイプの場合は、たくさん運動をして汗を流したり、思春期の学生さんなどに向いているのだと思います。保湿しなくても乾燥はしていないでしょうからね。

保湿力があって、塗り心地がサラっとしているものが理想的なデオドラントクリームですね。

クリアネオ