ワキガの臭いに悩んでいる人は足の臭いにも悩んでいるって本当?

足が臭い人はワキガなんていう話をきいたことがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。ただの偏見なような気もしますし、確かに脇も足も両方の臭いが強い人がいるなとも思います。

実際にワキガと足の臭いというのは何か関係があるのでしょうか。それともやっぱり何も関係はないのでしょうか?

足の臭いの原因

足の臭いの原因

確かに足の臭いもワキガの臭いも両方とも気になっているという人は多いようです。関係性を探す為には、まずは足の臭いの原因を考えていきましょう。

足の臭いはエクリン腺から分泌された汗が足の雑菌によって分解されてあの嫌な臭いを出します。特に多汗症の人は臭いが強くなりやすくなります。ワキガはアポクリン腺から分泌される汗が皮膚の常在菌によって分解されることでワキガの臭いが発生します。ワキガである人の中には多汗症であるという人も多いです。

足の臭いはエクリン腺が原因、ワキガの原因はアポクリン腺が原因なので、基本的に直接的な関係性はありません。ワキガの臭いと足の臭いというのは全くの別物です。エクリン腺というのは誰もが持っている全身にある汗腺です。体温調節のために出される汗です。足が臭くなるというのは誰もが起きることですよね。

アポクリン腺というのは、脇の下、陰部、乳首、耳の中などの限られた部位にのみ存在する汗腺です。アポクリン腺が持っている人と全く持っていない人がいます。アポクリン腺の数が多くて粒が大きい人がワキガ体質になる可能性が高いです。汗が菌によって分解されて臭いが出るというのはワキガも足の臭いも同じことですね。

多汗症の場合

わきが多汗症

多汗症の人はエクリン腺からもアポクリン腺からも汗が出やすいです。そのためワキガも足の臭いもどちらの症状にも当てはまる場合があります。ただし、多汗症だからどっちも必ず当てはまるというわけでもありません。

ワキガはならない人もいる

ワキガはならない人もいる

足の臭いというのは足の環境によっては誰もが臭いが出るものです。素足のままで靴を履かないとか、靴を履きっぱなしにしないとかの対策が必要ですよね。

女性は冬場になるともの凄くブーツが臭くなるということもあります。気をつけないといけませんよね。誰もが気をつけなければならない足の臭いに対して、ワキガというのは誰もがワキガ体質になるわけではありません。

ワキガの体質というのは、ある日突然なるわけでもないのです。ワキガの原因はアポクリン腺の形状なわけですからワキガ体質というのは生まれ持ったものであると言えます。ということはワキガは遺伝によるものがほとんどだということです。

参考記事:ワキガは生まれつきなの!?ワキガが子供に遺伝する確率って?

ワキガの人が足が臭くなることはあるかもしれませんが、足が臭い人は必ずワキガになるわけではないのですね。

ワキガと足の臭いのどちらにも効果的な対策法

ワキガと足の臭いのどちらにも効果的な対策法

ワキガにも足の臭いにも効果的なケア方法を紹介します。デオドラントクリームなどのワキガ用のクリームで足にも使えるものはありますよね。

殺菌効果が高いということが重要になってきます。塩化アルミニウムが含まれている制汗剤で強力な制汗効果で汗を抑えるという方法もあります。手軽に出来る対策方法としてミョウバン水を使った方法があります。ミョウバンには制汗作用や殺菌作用、収れん作用などがあります。制汗剤としても消臭剤としても使えるのがミョウバンなのです。市販の制汗剤でもミョウバンが配合されているものはたくさんあります。

参考記事:ワキガに効果のあるミョウバンの消臭力って?使い方を紹介!

ミョウバンはスーパーなどで安値で売っています。ミョウバン10gに対して水150mlで溶かしてミョウバン水を作ります。ミョウバンは水にとけることで酸性になるので皮膚の雑菌を抑える効果があります。雑菌をなくす良い肌の状態というのは弱酸性なんです。

ミョウバン水をスプレーボトルに入れて臭いが気になる部分にスプレーします。スプレーだけではなくてミョウバン風呂を作って入ることもおすすめです。

ミョウバンは食品添加物ですが、ごく希にかぶれや炎症が起きる場合があるので注意が必要です。

クリアネオ