ワキガは生まれつきなの!?ワキガが子供に遺伝する確率って?

ワキガに悩む人はたくさんいます。このワキガの症状というのは何歳頃から発生しだしたのか覚えていますか?

きっと赤ちゃんのころからワキガの臭いがしていたという人はいないと思います。ただし、赤ちゃんの頃にワキガの臭いがしなかったとしてもワキガの体質というのは生まれつき決まっているとよく言われます。それはどういうことなのか?

ワキガの遺伝は本当なのかのお話をしていきます。

わきがは生まれつき?

わきがは生まれつき?

ワキガは生まれつきでなるのか?遺伝性のものなのか?というのを知るためには、ワキガの根本的な原因を知ることが大切です。

ワキガの原因はアポクリン腺という汗腺が原因となっています。このアポクリン腺は、脇下、陰部、乳首、耳の中などの限られた部分にのみある汗腺です。

このアポクリン腺の汗腺の数が多かったり、形が大きかったりすることでワキガ体質になります。人間のアポクリン腺の形状は成長過程で数が増えていったりするものではありません。アポクリン腺の有無や数の多さは生まれつきで決まっています。

中にはアポクリン腺を身体に持っていないという人もいます。こういう人は一生ワキガになることはありません。アポクリン腺から分泌される汗が雑菌によって分解され酸化することでワキガの臭いが発生します。分泌される汗が多くても、皮膚の雑菌の繁殖が多くてもワキガの臭いは強烈に強くなっていきます。

子供へのワキガの遺伝について

子供へのワキガの遺伝について

生まれつきのワキガというならば、ワキガは遺伝性によるものということになります。汗腺の数や大きさというのは、体質の問題です。体質ということはやはり遺伝によるというものですよね。

両親がワキガの場合は多くの子供達がワキガになるという可能性は高くなります。ワキガの臭いは小さな赤ちゃんから発生することはありません。アポクリン腺から分泌される汗自体は無臭なんです。この分泌される汗の中に、臭いのもととなる脂質やタンパク質、アンモニアなどが含まれていて雑菌によって臭いが出されるのです。

ワキガの発生や臭いの強さというのは脇汗だけが原因なわけではないのです。生活習慣や食生活などのさまざまな汗の質を変えるようなことが起きて、ワキガの臭いが変わっていくのです。生まれつきでワキガ体質でも、臭いは育っていく環境で変わるのかもしれませんね。

ワキガの遺伝する確率

ワキガの遺伝する確率

片親だけがワキガの場合は子供に遺伝する可能性が50%で、両親がワキガの場合は遺伝の可能性が80%ほどになると言われています。

ワキガは優性遺伝するのでどうしても遺伝しやすくなると言えます。もしも子供に遺伝してしまったときは、生まれつきだからといって何もしないのではなくて、臭いが出てくる思春期の年頃になったらデオドラントなどを使用することを教えてあげましょう。

おすすめのデオドラントランキングへ

ワキガというのは、脇汗が臭いとか、ただ単に脇下が臭いというのとはまるで違います。ケアの方法や使うデオドラントの種類も異なります。ワキガ経験者の親が子供にしっかりとケア方法を教えてあげることが大切ですね。

子供への遺伝を防ぐ方法ってあるの?

子供への遺伝を防ぐ方法ってあるの?

わきがを遺伝しないようにする方法はありません。今後、わきがだけを遺伝させないような医療方法が出てくればわきがに悩んでいる人も大幅に減るのではないでしょうか。

ただし、わきがを遺伝させることは防げなくてもわきがを発症させないような対策方法はあります。

参考記事:わきがの対策方法

わきがが遺伝するのは体質

わきがが遺伝するのは体質

わきがが子供に遺伝したからと言って必ずわきがになるというわけではありません。わきがが遺伝するのはわきが体質になるという点です。

このわきが体質というのはわきがの原因であるアポクリン腺が多かったりするということです。

アポクリン腺は刺激を受けることで汗を分泌させわきが臭を発生させてしまいますが、刺激をしないようにすることでわきがにならない場合やわきがになったとしても悪化させないことに繋がります。

子供への遺伝を防ぐことは出来なくてもそういった対策方法を実践していくというのが大切です。

ワキガの遺伝が分かる年頃

ワキガの遺伝が分かる年頃

遺伝ということは生まれつきのものなのですが、生まれた事からワキガの臭いというのはしません。ワキガは見た目で判断できるものでもありません。ならば、いつワキガの遺伝が判明するのかと言うと、思春期にしかかる10歳から18歳ごろには臭いが発生しだすと思われます。

両親がワキガであっても20歳くらいまで臭いが出てこない場合は、今後も食生活や生活習慣などを意識して気をつけていけば一生ワキガの臭いが発生されないこともあります。

ワキガはストレスも大きく影響することなので子供のうちからストレスをためこまないように、上手にストレスを発散できるようにしていくことができるのが理想的です。軽いワキガの症状のうちは生活習慣の改善などによってワキガの臭いを抑えることができることがあります。

逆に重度のワキガの場合は医療機関を受診してワキガに対しての治療を受けていくこともできます。

クリアネオ