ワキガにオロナインは効果があるという噂は本当なの?

ワキガにはオロナインが効くという噂を聞いたことはありませんか。

この広い世の中、実際にオロナインをワキガに試してみた人はいるに違いありません。脇を怪我してしまったり火傷をしてしまったりすれば、脇にオロナインを塗る機会というのはあるかもしれませんが、実際にはなかなかそんなシチュエーションはありません。

なので今回はオロナインが本当にワキガに効果があるのかを考えてみましょう。

 

ワキガを抑えるための条件

ワキガを抑えるための条件

ワキガにオロナインが効くかどうか考えるのならば、ワキガの臭いを抑えるために絶対に必要になることを考えてからにしましょう。

ワキガの抑え方を知るにはワキガの原因についても知る必要があります。ワキガの臭いはアポクリン腺という汗腺から分泌されたワキガの汗が皮膚の常在菌と混ざり合って分解されて酸化することで臭いが発生します。

ということは、最初から分泌される汗を抑えることができる強力な制汗作用と臭いを発生させる原因となる雑菌の繁殖を防ぐことがワキガの臭いを抑えることにつながります。「殺菌効果」と「制汗効果」が必要です。

オロナインはワキガにも効く?

オロナインはワキガにも効く?

オロナインはそもそも何に使うものか知っていますか?

切り傷や化膿した部分になどに使う塗り薬です。傷や火傷に使うということだけあってオロナインには高い殺菌力があります。

ワキガの臭いを抑えるために必要なのは雑菌の繁殖を防ぐ殺菌効果です。ここで、オロナインがワキガに効く要素が出てきました。

確かにオロナインはワキガに聞きます!しかし制汗作用がないのでせいぜい1時間くらいです。汗が出てきちゃいますからね。デオドラント用品のように使っていくことはオロナインではできなそうですね。

 

オロナインを塗るとどうなるのか

オロナインを塗るとどうなるのか

オロナインを脇下に塗ることで殺菌作用が働き、塗った直後はワキガの臭いがなくなります。オロナインには良いところがあります。

それは「保湿力」です。オロナインは保湿効果が高いので肌荒れなどにも効果的です。人間の肌は乾燥することで皮脂を過剰に分泌します。皮脂はワキガの臭いにも大きく影響して臭いを悪化させます。オロナインを塗ることで肌の乾燥は防げますね。

参考記事:ワキガに乾燥は大敵!保湿をすることが重要!

オロナインでワキガを抑えようとするならば、何度もオロナインを塗らなくてはならなくなります。オロナインの殺菌効果は高いけれどワキガのデオドラントクリームなどと比べると全然低いのです。

オロナインは油性のクリームですので脇の下がベタベタになってしまいますね。そして制汗作用があるわけではないので、絶対に悲劇が起こります。洋服などは確実に汚れます。そしてオロナインも独特な臭いをしていますが、ワキガの臭いを混ざってしまうことで余計に強烈な独特な臭いを発生させることがあります。

 

どうしてもオロナインを使いたいなら

軽度のワキガの臭いならばオロナインで抑えられるかもしれません。軽い人ならば、オロナインを時々塗るだけでも効果が期待できるからです。

軽度のワキガの人というのは、それほどアポクリン腺から汗を分泌していないのです。軽度にワキガならば、もしかしたら市販のスプレタイプの制汗剤よりもオロナインのほうが効果があったりするかもしれません。

 

デオドラント用品を使いましょう

でも結局、結論はデオドラント用品を使いましょうということになります。

ワキガに使うクリームというには無香料であることが理想的です。オロナインでは臭いが強すぎますね。そしてワキガに効果のあるデオドラントクリームはオロナインのようなベタベタとした塗心地のものはありません。

クリームを塗るとサラサラするものが多いのです。ワキガを抑えるための効果の「制汗効果」「殺菌効果」「保湿効果」すべての効果が含まれているワキガ用のデオドラントクリームはあります。

→デオドラントランキングを見る

確かに、オロナインはワキガに効果がないわけではないですが、ハッキリ言ってしまえば実用的ではありません。そしてデオドラント以上の効果はまるで期待できないのです。

クリアネオ