わきがに有効な食べ物・悪化させる食材は何?

多くの人が悩んでいるわきがわきがの原因はいくつかありますが、その中の1つに食べ物が関係しています。一方でわきがを改善するために役立ってくれる食べ物もあります。

今回はわきがと食べ物に関することについて解説していきます。

わきが改善を手助けしてくれる食べ物

わきがの原因はいくつかありますが、その中の1つに食の欧米化ということがあります。

肉類中心の食事をしていることでタンパク質や脂質を取り過ぎてしまいアポクリン腺を刺激してしまいわきが臭が強くなってしまうことですが、一方で食べることでわきがを抑えてくれる食べ物もあります。

基本は魚介類中心で

わきが魚介類

わきがは元々日本人はそこまでいなかった、近年わきがが増えたと言われています。

その原因は食の欧米化で肉類中心の食事を取るようになったためです。
昔は日本人は和食で魚介類中心の食生活をしていましたが、それが肉類中心になりタンパク質や脂質が多く摂るようになったからわきがの人が増えました。

なので、わきが対策に有効なのは基本的に和食など魚介類中心の食生活を取るということです。わきがに悩んでいて現在ジャンクフードや揚げ物、肉類などを多く取っているという人は食生活を改善してみることをおすすめします。

お酢

わきがにはお酢が効果的って本当?

お酢はクエン酸から出来ているのでエネルギー変換される際に乳酸を発生させません。

乳酸が増えることでわきがの原因となっているアンモニアなどを出すことになるのでお酢を飲むことでわきが対策になってくれるというわけです。

参考記事:わきがにはお酢が効果的って本当?

アルカリ性の食品

わきが梅干し

健康的な人の血液は弱アルカリ性ですが、肉類などを食べると酸性に傾いてしまいます。そこでアルカリ性の食べ物を取ることで中和して弱アルカリ性の血液を保つことが大切です。
弱アルカリ性の食べ物の代表は梅干しです。

毎日1粒でも食べるようにすることでわきが対策に繋がるのでおすすめです。メカブなどもアルカリ性の食品なので食べるようにしましょう。

わきがを悪化させる食べ物

動物性タンパク質が含まれている物

meat

動物性タンパク質は肉類やチーズや牛乳などの乳製品などに含まれていますが、わきがを悪化させてしまう原因になる可能性が高いので食べ過ぎは注意です。

動物性タンパク質は食べるとアポクリン腺を刺激してしまったり、体内でエネルギーに変換する際に熱を多く発生されることで汗をかきやすくしてしまったりしてしまいます。

脂肪・脂質が多い食べ物

karaage

揚げ物やジャンクフードなどは脂肪・脂質が多く含まれているのでわきがを悪化させてしまいます。脂肪を多く取り過ぎてしまうと、アポクリン腺や皮脂腺から排出されるのでわきが臭を発生させてしまいます。

わきがはアポクリン腺から分泌された汗に含まれる脂質が分解される際にきついニオイを放つと言われています。

まとめ

わきがの原因となりうる食べ物で言えば、上記で上げた動物性タンパク質と脂質ですが、これらに関連しているのは食の欧米化です。昔は日本人でそこまで悩んでいる人がいませんでしたが、現代になり食の欧米化が進み、わきがが悪化したという人が増えてきています。

わきが体質なのかどうかは、アポクリン腺が多いか少ないかによって決まるため遺伝などが大きく関係していますが、わきが体質の人でもわきがにならない場合もあるのでなるべくわきがを悪化させないためにも食べ物に気を使うことが大切です。

クリアネオ