わきがの元となるコリネバクテリウムとは?

わきがの原因となる菌として知られているコリネバクテリウムとは普通に知られているものではありませんね。わきがの臭いの原因がこのコリネバクテリウムならば、この菌をなくすことでわきがの臭いを抑えることができるということなのでしょうか。

コリネバクテリウムについてやコリネバクテリウムの殺菌方法やわきがの消臭方法について紹介していきます。

コリネバクテリウムが原因菌

コリネバクテリウムとはわきがの原因菌になるということです。この菌はわきが体質の人に多く存在して繁殖しやすい殺菌です、わきが体質でない人の肌というのは表皮ブドウ球菌が多く存在しているのが特徴で、この場合の臭いは汗臭いとよく言われる酸っぱいもののような臭いになります。

しかしわきが体質の人の肌にはコリネバクテリウムがたくさん存在しています。なぜ、肌に表皮ブドウ球菌ではなくてコリネバクテリウムがたくさん繁殖してしまうかというと、わきがの原因となるアポクリン腺から分泌される汗が原因となっています。

アポクリン腺からの汗が大好物

コリネバクテリウムとは、アポクリン腺の汗を好む殺菌です。アポクリン腺から分泌される汗というのは通常の体温調節をする際の汗などとは違って、たんぱく質や皮脂などが多く含まれています。

ワキガ体質でない人というのはアポクリン腺が少ない体質であるとも言えるので、コリネバクテリウムが餌にするものがないことからコリネバクテリウムの繁殖が起こることはありません。一方、わきが体質の人の場合はコリネバクテリウムが好むたんぱく質や皮脂を含んだ汗を分泌するのでコリネバクテリウムはどんどん繁殖していきます。

わきがの臭いというのはアポクリン腺から分泌された汗をコリネバクテリウムが餌にして分解していく際に酸化することで発生される臭いなのです。もっとわかりやすくいえば、コリネバクテリウムがわきがのもとになる汗を餌として食べて、コリネバクテリウムが排出をしたものがわきがの臭いの原因になっていくということですね。

コリネバクテリウムをしっかりと殺菌する

わきがの原因を知ると、わきがの臭いを抑えるためには「脇汗を抑えること」と「コリネバクテリウムの繁殖を防ぐこと」ということになります。

汗というのは人間ならばかくのは当たり前のことだとは思うので、汗を抑えることも大切ですが、コリネバクテリウムを殺菌することを考えていきましょう。コリネバクテリウムを殺菌することでわきがの臭いは抑えられます。

コリネバクテリウムを殺菌する一番手っ取り早い方法はアルコール除菌です。ただしアルコール除菌は肌への刺激が強いので肌トラブルを起こす場合があります。なのでアルコール同様の殺菌効果があるのがイソプロピルメチルフェノールです。この成分は肌に優しくて殺菌効果が優れているものです。

イソプロピルメチルフェノールでコリネバクテリウムに勝つ

イソプロピルメチルフェノールはわきが用のデオドラントクリームなどにはよく含まれている成分です。強力な殺菌作用があって、肌に優しい成分だということでとても使いやすいものでもあります。

コリネバクテリウムを殺菌するイソプロピルメチルフェノールはわきが用のデオドラントクリームには欠かせないものであるのかもしれませんね。

コリネバクテリウムにはデオドラントクリーム

コリネバクテリウムとは「わきが菌」です。このわきが菌であるコリネバクテリウムを殺菌するには、わきが用のデオドラントクリームを使うことがおすすめです。

わきが用のクリームにはコリネバクテリウムを殺菌する強力な殺菌成分も含まれていますが、脇汗を抑える強力な制汗作用も含まれています。汗を抑えて、殺菌するというダブルの働きかけでわきがの臭いをしっかりと抑えていくことができます。

デオドラントクリームは手軽に使っていくことができるのでおすすめです。わきがの原因となるコリネバクテリウムとは増えると臭いを強くするものなので繁殖させてはいけないものなのです。

クリアネオ