ワキガに効果のあるミョウバンの消臭力って?使い方を紹介!

ワキガに消臭効果を発揮するものというものはいくつかありますが、その中でも広く知られているのがミョウバンです。

制汗剤はどうも好きではないという人におすすめなのがミョウバン水を使ったスプレーです。ミョウバンはスーパーなどで販売されているので手軽に入手することができます。ミョウバンには制汗作用があるのでワキガの原因となる汗を抑える効果が期待できます。

ミョウバンとは?

ミョウバンとは、カリウムやアルミニウムの金属イオンが硫酸鉛ととして結ばれたものです。もっと簡単にいえば結晶化されたものです。ミョウバンは古代ローマから制汗剤として使われていたものです。世界で最初の制汗剤なのかもしれません。

ミョウバンがなぜスーパーで売られているかというと、ナスなどの漬物をするときに色が落ちないようにするために使われます。煮込み料理の時などに煮崩れが起きないようにするためにも使われます。スーパーでもドラッグストアでも百円くらいで購入できるものです。

販売されているミョウバンは合成して作られているものですが、自然界には天然のミョウバンもあります。

ミョウバンによる消臭効果って?

実際にミョウバンにはどれほどの効果があるのでしょうか。

ミョウバンは水に溶かすことで酸性となります。ワキガの原因となる細菌はアルカリ性を好む習性があるのでミョウバンを溶かしたミョウバン水を肌に使うことで肌の表面を酸性にすることができることで雑菌の繁殖を防ぐことができます。

ミョウバンは抗菌作用だけではなくて殺菌作用もあるのでわきがの臭いを軽減することにつながります。ミョウバンは化粧品などにも使われている成分で、収れん作用のあるものです。なのでミョウバンには優れた制汗作用があるとされています。

殺菌効果も制汗効果もあるミョウバンなのですが、金属が結晶化されたものということでもう一つのわきがへの効果があります。それは消臭効果です。金属には臭いを消す効果があるというのは知られています。特にアンモニアに対する消臭力が優れているのがミョウバンなのです。ペットの臭いの消臭などにも使うことができます。

ミョウバンにはわきがにとって良い効果がたくさんつまっているのです。

ミョウバンはどうやって使うの?

ミョウバンの使い方はいくつかあります。簡単な使い方はミョウバンをそのまま脇の下に塗るという方法があります。パウダーのような使い方です。もっと効果的に使うにはミョウバンを酸性にするために、水にミョウバンを溶かしてミョウバン水を作ります。ミョウバン水をスプレーボトルに入れれば手軽に使っていくことができます。

ミョウバン水の作り方

ミョウバンを効果的に使うためにミョウバン水を作ってワキガに使っていきましょう。ミョウバン水を作るのに用意するものは・・・

・ミョウバン50g

・水1,500ml

・空のペッドボトル

です。ペッドボトルの中にミョウバンと水を入れてふります。ミョウバンは溶けにくいものなので一晩置いておいて無色透明になったらできあがりです。

保存期間は1ヶ月は持つのですが、肌に使うものなので一週間くらいで使い切るのが理想的です。

ミョウバン水を使うときは

作ったミョウバン水を百円均一などで購入したスプレーに入れて使うと便利です。ミョウバン水を最初に使うときは、すぐに使い出すのではなくて腕などでパッチテストをしてみましょう。

人によってはミョウバン水で肌トラブルが起きてしまう人もいるので急にワキガに使い出すのはやめましょう。わきの下というのは皮膚が薄くてデリケートな部分でもあります。ミョウバン水を作る時に、水の変わりに濃い緑茶を使うとカテキンの力で消臭効果は高くなります。しかし洋服にシミがついてしまうことなどには気をつけないといけません。

ミョウバン水の中にお好みのエッセンシャルオイルなどを数滴垂らして使うのもおすすめです。ミント系やレモン系がワキガの消臭にはおすすめです。

クリアネオ