ワキガと口臭には関係してる?腸内環境は臭いに影響する?

ワキガの口臭も人から嫌がられてしまうものであります。同じ臭いのものということで、少しだけ関係性があったりもします。もともとの原因となるものは違いますが、ワキガも口臭も腸内環境が悪くなることで悪化する傾向があります。

ワキガも口臭もどちらも自分では気づかないことが多いです。しかし自分自身で臭いに気づいていないときちんとした対策方法をしようという気持ちにもなりません。ワキガと口臭、同じ臭いのものについてお話していきます。

ワキガと口臭を悪化させてしまうもの

PAK75_suwetnensyuu20141109154956_TP_V

ワキガの根本的な原因というのは口臭とは何の関係もありません。ワキガの原因となるのはアポクリン腺という汗腺です。アポクリン腺から分泌された汗が皮膚の雑菌と混ざって分解されることでわきがの臭いは発生されます。

これがワキガの基本的な臭いの原因です。ここにプラスして臭いを悪化させてしまう要素というのが内臓にあります。口臭も内臓の調子によってきつくなったりしますよね。これがワキガと口臭の共通点となります。

肝臓や腸は体に不要になった物を体の外に出す役目があります。肝臓は体に有毒なものを無害にして体の外に排出するという大事な役目があります。アルコールなどが大きな例になりますね。腸の中ではミネラルや水分を吸収して排便する働きがあります。この内臓の機能はストレスなどの影響を受けやすい部分でもあります。

ストレスを感じたり生活習慣が乱れたりすることで内臓の働きが衰えます。そうなってしまうと本来ならば排出されるはずの毒素が体の中に残って血液中に溶け込んでしまいます。その血液が全身に循環されることで口臭もワキガも臭いが悪化していってしまうのです。

わきがの原因となる汗自体はもともとは無臭のものです。アポクリン腺から分泌される汗に含まれている不純物がワキガの臭いの原因となります。腸内環境が悪くなることでその不純物の濃度を増してしまうのです。

なので内臓の環境をよくするということ、とくに肝臓の調子をよくするということは大切なことなのです。

内臓の働きを整えるためには

ワキガや口臭の対策方法として内臓の環境を整えるということがおすすめです。どんな方法をしていくのかというと、簡単に言えば内臓を休ませてあげることが大切になります。食べ過ぎないようにしてみたり、冷たいものばかりを食べていないで温かいものを食べるようにするのです。

そうすることで内臓の状態を休ませてあげることができます。便秘を解消していくこともとても大切です。植物繊維やミネラルがたくさん含まれている食材を取り入れた食事を心がけていきましょう。

参考記事:わきがを悪化・改善してくれる食べ物を一挙紹介

老廃物は体に外に出す!というのを心がけていくのです。ストレスも腸内環境に影響するので、しっかりと睡眠や休息をとって、リラックスする時間も作って毎日の生活の中に内臓をケアする時間を取り入れることが大切です。

具体的な対策方法は?

ワキガと口臭の共通した臭いの原因は内臓の状態にあるということが分かりました。きっとこの二つだけではなくて、内臓の状態が悪いと他の部位の臭いも強くなるのだと思います。口臭の臭いというのは体の内面からのケアが重要になってくるのだと思います。

しかし、ワキガの臭いに対しての具体的な対策方法は内面からだけでは力不足ということもあります。

ワキガの対策方法は体の内面のケアももちろん必要ですが、体の外からアプローチしていくことも必要になってきます。その方法で一番手軽で多くの人が行っているのはデオドラントクリームを使用するという方法です。ネット販売などで購入できる強力なワキガクリームを使用してワキガの臭いをしっかりと抑えていく必要があります。

→おすすめの強力なワキガクリームを見る

臭いを悪化させないように内臓のケアをしていく必要があるのです。ワキガというのは体質が原因となる臭いの症状です。体質が原因だからこそ、体の健康状態などは大きく影響していきます。

急に体臭が強くなったなと思うときは、体の不調を心配してもよいくらいでもあります。

クリアネオ