脇からネギの臭いがしたらわきが?

汗臭いというのがネギのような臭いがする人っていますよね。脇が臭いといった状況の典型的な臭いがネギのような臭いです。この臭いは普通の汗臭いというのとは違ってわきがの臭いである可能性が高いです。

わきがというのは誰もがなるものではありません。ネギのような臭さのわきがの原因や対策についてお話していきます。

ネギ臭い脇汗の原因

ネギ

脇汗が酸っぱい臭いというよりもネギのような臭いがするというときは、わきがの症状を疑ってみましょう。わきがの症状というのは周りの人からしてみると、とても臭くて迷惑な場合もありますが、本人はわきがであることに気づいていなくて自覚がない場合があります。

本人にわきがの自覚がだいということはネギの臭いが出ていても、わきがの対策をしていないのでわきがの臭いは気にすることなく発生されているということです。最近では「スメルハラスメント」という言葉もあるくらいですから、エチケットマナーとして体臭には気をつけていきたいものです。

わきがのネギのような臭いもしっかりと自覚することが大切ですよね。わきがの症状はいくつかあるので、自分がわきがかどうかを知るためにセルフチェックしておきましょう。

おすすめ記事:わきがなのかもしれない!と思ったら使えるセルフチェック方法

わきがの原因となるのは?

image2

汗臭いというのとネギ臭いというのは違います。人間の汗腺はエクリン腺とアポクリン腺の2種類に分類されています。エクリン腺は全身に存在する一般的な汗で主に体温調節などで発汗されます。

これがいわゆる酸っぱいような臭いになる汗臭さというものと汗です。一方のアポクリン腺はわきがの臭いの原因となる汗腺です。アポクリン腺は脇の下、陰部、乳首、耳の中、肛門などの限られた部位にのみ存在する独特な汗腺です。このアポクリン腺の量や形状には個人差があります。数が多い人もいれば、数が少なくてほとんどないような人もいます。

アポクリン腺から分泌された汗が皮膚の常在菌によって分解されることでわきがの臭いは発生されます。なのでアポクリン腺が多かったり、一つ一つが大きかったりするとアポクリン腺から分泌される汗は多くなります。汗腺の数というのは成長していく中で変化するものではなくて生まれつき決まっているものです。

わきが体質になるかならないかは、ほとんどの場合で遺伝で決まります。生まれつき、アポクリン腺の数が多ければわきが体質になる可能性が高いのです。わきがの臭いの原因は、アポクリン腺から分泌される汗と皮膚の雑菌の繁殖です。

おすすめ記事:わきがの原因と悪化させる6つの要因

汗自体は臭くない

鼻

エクリン腺からの汗もアポクリン腺からの汗もどちらも汗自体には臭いはなく無臭です。

汗自体がネギのような臭いがするわけではありません。わきがの原因となるアポクリン腺の汗には脂質やたんぱく質やアンモニアなど、さまざまな成分が含まれています。

これが原因となって酸化することで臭いが発生するんです。汗の中の成分が雑菌と混ざって分解されてネギのような臭いが出てきてしまうのです。

わきがの対策方法

image4

ネギの臭いがするな、きついな、という臭いはわきがである可能性が高いです。そんなときは、わきがの対策をして臭いを抑えていくようにしていきましょう。

わきがの対策方法にはさまざまなものがありますが、基本的に一番良いのがデオドラントクリームを使用した消臭方法です。ネット販売などで購入できる効果の高いわきが用のデオドラントクリームを使うのがおすすめです。市販でもデオドラント用品は販売されていますが、わきがのネギ臭さを抑えるのならばあまりおすすめしません。

市販のデオドラント用品というのはそこまで高い効果がないことがほとんどです。わきがの臭いを消すことができるほどの制汗作用も殺菌作用もないものが多いのです。

わきがの対策で使うときのわきが用クリームというのは無香料のものを選ぶことをおすすめします。ネギ臭いわきがの場合は、脇毛の処理もしっかりとして脇の下を清潔な状態を心がけることがとても大切なことになります。

デオドラントクリームを使用するときは清潔な状態の乾いた肌に使うのが正しい使い方です。

おすすめ記事:わきがと原因と対策方法

クリアネオ