ワキガの最新治療のペアドライとは?効果はある?デメリットも

ワキガの治療方法はさまざなま方法があります。昔に比べると、治療の種類も多くなりました。ワキガの治療方法は薬物療法から、メスを使った手術まであります。

ワキガの治療で一番効果があるとされているのは、脇の下を切開して直接目で汗腺を見て取り除いていく方法です。しかしこの手術は大きな傷跡が残ってしまうというデメリットがあります。

ワキガの最新の治療法にペアドライというものがあります。効果が高くて再発しにくいと評判になっている手術です。

ペアドライとはどんな治療法なのか紹介していきます。

ペアドライは切らないワキガの治療

最近ではメスを使わない切らないワキガの治療方法というのが増えてきています。このような治療を行っているのは皮膚科ではなくて美容外科などです。その中でも最新の治療法と言われているのがペアドライです。

ペアドライを希望する患者さんも増えてきているとのこと。しかしペアドライは効果がないという噂もちらほらあります。ペアドライはウルセラドライとビューホットの治療法を両方合わせて行う治療です。ウルセラドライもニューホットもワキガが再発しにくい治療方法は再発が起こりにくい治療方法だと言われています。ペアドライは再発の可能性をもっと低くするために、両方の治療を同時に行うのです。

超音波で汗腺を破壊するのがウルセラドライで、高周波で汗腺を凝縮させるのがビューホットです。確かに、二つの治療を同時に行うというのは効果的だと考える人も多いのではないでしょうか。

ペアドライの良いところ(メリット)

ペアドライを実際に受けた人の感想を見てみると、ペアドライの良いところはやはり再発のリスクが低いということみたいです。ペアドライの治療では針を使うので針のあとはしばらく残りますがダウンタイムが短いということも喜ばれています。ペアドライは年齢に関係になる治療を受けることができて、ワキガ以外のすそわきがやちちがの症状でも治療を受けることができるようです。

ペアドライは二つの治療法が合わさったものですが、費用は二つの治療分になるわけではなくて、少し高めの金額になるだけです。ペアドライの治療時間は1時間ほどで終わります。治療中は麻酔をするので痛みの心配などはありません。

ペアドライの悪いところ(デメリット)

ペアドライには良いことだけではなくて悪いところもあります。ペアドライが受けられる病院は限られているということです。どこでも受けられる治療というわけではないのです。そして治療費が他の治療と比べて高額になります。

ペアドライはダウンタイムの短い治療法で知られていますが、人によっては術後に脇の下の炎症が長引くこともあるようです。

ワキガの手術による再発

ペアドライはワキガの再発は少ないという治療法のようですが、そもそもワキガの再発という言い方はおかしいのです。ワキガの再発ではなくて、汗腺の取り残しがあるので、ワキガの臭いが再び発生してしまうのです。

参考記事:ワキガの手術をした際の臭いの再発の可能性は高い!?

最初から除去しきれていないということです。そしてワキガの症状というのは汗腺をしっかりと除去することで臭いが出なくなります。汗腺を傷つけたりするような高額の治療方法の場合は、汗腺が元に戻ることはあります。皮膚にできた傷と同じで汗腺もしっかりと除去しなければ治癒するのです。

ワキガの手術で一番効果的なのは、ペアドライを知った今でも剪除法(せんじょほう)。

汗腺を直接目でみて取り除いていくという方法はやはり効果が高いのです。確実ですからね。しかし、体に負担が大きいのも傷跡が残るのもいやだという人は多いと思うので、ペアドライはおすすめなのです。

実際の効果は高いと言われていますが、まだ口コミも少ない治療法なので実際に治療を受けてみないと効果がわからないところもあり不安な人はまずは手術ではなく、自力でやれるわきがの対策方法を実践することをおすすめします。

おすすめ記事:自力でやれるわきがの対策方法

クリアネオ