ワキガの臭いがポップコーンに感じる?ワキガにも個性がある?

ワキガの臭いは個人によって変わります。しかも大幅に変わります。体質やワキガの症状の度合いによっても変わってきます。その中で、ワキガがポップコーンのような臭いがするという話を聞いたことがある人もいるかもしれません。

このワキガは臭いものなのか?と想像がつかないというのが正直なところなのですが、ワキガがポップコーンの臭い!などのような、違いやワキガの臭いの原因について紹介していきます。

ワキガの臭いの原因は?

ワキガの臭いでポップコーンの臭いがするとなると、とっさにポップコーンを食べ過ぎたんじゃないの!?なんて発想が頭に浮かぶ人は大勢いると思います。

もしかしたらポップコーンを食べ過ぎたら、ポップコーンのワキガの臭いになる可能性もないわけではないですが、とりあえずわきがの臭いは食べたものの臭いがそのままあらわれているわけではありません。

ワキガの臭いの根本的な原因となるのはアポクリン腺から分泌されている汗です。この汗にはたんぱく質や脂質や糖分、アンモニアや鉄分などさまざまな成分が含まれています。この汗が皮膚の常在菌によって分解されることでワキガの臭いは発生します。

ポップコーンにもワキガの原因につながるものは含まれているかもしれませんが、ポップコーンの臭いがダイレクトにワキガの臭いになっているわけではないんですよね。

ワキガの臭いの種類

ワキガの臭いというのはさまざまな表現方法であらわされます。たまに、それは聞いたことがないなというレアな情報までありますよね。よく聞くのは雑巾臭いとかネギ臭いというものです。臭いの種類で大体の原因が実はわかったりもするのです。わかるというかおおよその予想を立てることができるのです。

雑巾臭いとなると雑菌が大きな原因です。アンモニアの臭いなどが強い時は腸内環境の状態がよくないことが予想されます。乳製品やポップコーンの臭いというのはワキガの臭いに食生活が関係していることが多いのです。

ワキガに悪影響になる食生活

ワキガの臭いは食生活によって、本来の臭いよりも悪化してしまうことがあります。ワキガによくないとされる食生活は、肉類や乳製品などの動物性たんぱく質を過剰に摂取している食事。

そして脂っこい脂質をたくさん含む食事もワキガには悪影響になります。ポップコーンのようなワキガの臭いがするような時は、脂っこいものを食べ過ぎているということもあるようです。毎日の食生活の改善を継続して続けていくことで、必ずワキガの臭いは改善されていきます。

即効性のあるワキガの対策方法ではありませんが、根気よく続けていくことが重要になります。食生活というのは汗の性質に関わるものなのでワキガの臭いに大きく影響するのです。

参考記事:わきがを悪化・改善してくれる食べ物を一挙紹介

ワキガの臭いの抑え方

ワキガ体質で臭いがするという場合は、どんな臭いの種類のものでもきちんとワキガの臭いを抑えていく対策をしていきましょう。おすすめなのは手軽にできるデオドラントクリームを使用するワキガの対策方法です。使用するクリームは市販で販売されているものではなくて、ネット販売されてものが良いです。

市販の制汗剤やデオドラント用品というのはワキガに効果がないものが多いのです。ネット販売されているワキガクリームは、しっかりとワキガの臭いが抑えられる効果があります。強力な制汗作用と強力な殺菌作用がある成分は配合されているものを選んでいきましょう。

この2つのワキガクリームは肌に優しいクリームなので肌が弱いひとでも安心して使えます。ワキガの臭いに悩む子供でも使用することができるのです。ワキガの臭いは人によって違うけれど、どんな臭いであっても生活習慣によって臭いの種類が変わることがあります。

ワキガの原因となる汗自体の性質がよくなればワキガの臭いは軽減するし、雑菌が好むような性質の汗となってしまえばワキガの臭いはきつくなってしまうのです。

おすすめ記事:自力で出来るわきがの対策方法とデオドラントランキング

クリアネオ