わきがの臭いを抑えるなら重曹石鹸が効果的?使い方は?

わきがの症状に効果があるとされている重曹ですが、重曹石鹸というものがあります。重曹は料理の時におかし作りで使うようなイメージがありますよね。その重曹が重曹石鹸となってまで高い効果があるとされています。

重曹石鹸にはどのような効果があるのでしょうか。わきがの臭いに効果的という重曹の消臭効果について紹介していきます。

重曹の中和作用で臭いを消す

重曹はふくらし粉として知られているものです。重曹にはどんな作用があるのかというと、弱アルカリ性の性質です。重曹は臭いの元となる酸性の成分を中和することができるのです。そうすることで消臭されるのです。そして重曹には殺菌作用もあるので皮膚の雑菌の繁殖を防いでいくことができます。

重曹は大昔から天然のミネラル成分として使われてきたものです。重曹の効果を詳しく見ていくと・・・

中和作用

アルカリ性の性質があるので酸性のものを中和していきます

消臭作用

中和作用があるために臭いのもとをなくすことができます。臭いのもとから対策ができるのです。

発泡作用

料理などで使うパンやケーキを膨らませる炭酸ガスをだします。

油とよくなじむ

重曹は水と油をなじませる効果があるので、掃除用品などでもよく使用されています。

研磨作用

重曹には研磨作用までもがあります。

重曹のわきがへの効果

わきがへの効果も高いことで知られていますね。わきがの原因となるのはアポクリン腺から分泌された汗が皮膚の雑菌と混ざって分解されることで臭いが出るというものです。なので殺菌作用があることが関係しているのでしょう。わきが対策での重曹の使い方は、粉の状態で直接脇の下に塗ったり、水に溶かして重曹水を作って脇の下に吹きかけたりします。

入浴の際にバスタブに入れて重曹風呂を作って入るということもできます。お風呂の良いところは脇の下だけではなくて、全身の臭い対策をしていくことができるということです。

重曹石鹸でわきがの臭いを消す

普段の生活の中で使っている石けんを重曹石鹸に変えてみるのもわきがの対策になります。わきがの臭いを抑えるために体を洗うときは重曹石鹸を使うことがおすすめです。

重曹石鹸の粒子は細かいので、毛穴の奥までしっかりとわきがの臭いの原因となる汚れを落としていきます。スクラブのような感じで使用していくことができます。重曹の作用に研磨作用があるくらいですから、重曹石鹸はしっかりと肌の汚れを落としてくれます。重曹石鹸でわきがの臭いを抑えていく場合、同時に行うと効果的だなと思うのが脇毛の処理です。

脇毛がある状態だとわきがの臭いの原因となる雑菌の繁殖が増えます。そしてわきがに絡みついている雑菌が洗い流せなくて落ちないということもあります。脇毛の処理はわきがの臭いを軽減することにつながるのです。重曹石鹸を使いながらも他のわきが対策もしっかりとしていくとわきがの臭いは軽減していくのだと思います。

重曹石鹸以外でもわきがの対策

重曹石鹸を使って毎日体を洗うだけではわきがの臭いを完璧に抑えることはできないので、重曹石鹸にプラスしてデオドラント用品も使用していきましょう。ネット販売で購入できる、殺菌作用も制汗作用も強力なわきがクリームをおすすめします。

どんな制汗剤もデオドラント用品も正しい使い方というものがあります。それは清潔な状態の乾かした肌に使用するということです。おすすめなのは重曹石鹸でしっかりと体を洗ったお風呂上がりに肌を乾かしてから使用することです。1日の汚れを毎日しっかりと重曹石鹸で落としてからデオドラントクリームを使用していきます。

わきがクリームは夜と朝に使用します。夜塗る理由は寝ている間のわきがの原因となる雑菌の繁殖を防ぐことができるからです。わきがクリームを塗り直す場合も脇汗を綺麗にふきとってから体を乾かして使用していきます。重曹石鹸と合わせて毎日使っていくのが効果的です。

クリアネオ