お酒とタバコはわきがを悪化させるって本当?

わきがの臭いを強くしてしまうという大人ならではの生活習慣があります。それは、お酒とたばこです。この二つの共通点と言えば、20歳以上から楽しむことができるという刺激の強いものであります。

両方とも臭いの強いものですよね。お酒以上にタバコに関しては体にはよくないものと言われています。ただ、なかなかやめられるものではないんですよね。今回はわきがにお酒や煙草の臭いが影響するというお話をしていきます。

たばこはわきがを悪化させる

タバコ

タバコはわきがの臭いを悪化させてしまいます。たばこの場合は血液中に煙草の臭いが溶け込むのです。その臭いの成分は汗として分泌されていくので臭くなります。これはわきがの人に限ったことではありませんね。

たばこも汗腺を刺激します。吸っている人からしてみると全く臭いは気にならないのかもしれませんが、吸わない人からしてみるとかなり強烈な臭いなものなのです。最近では時代のせいか禁煙する人も多くなっているようですが、なかなか禁煙することもやめることもできないという人も多いようですね。

喫煙するとわきがなる?

喫煙

わきがの原因はアポクリン腺から汗が分泌され、その汗が細菌などによって分解されることでニオイを放つことです。汗を発生させるアポクリン腺が刺激などで働くことでワキガ臭が発生しますが、タバコに含まれるニコチンはこのアポクリン腺を刺激してしまいます。

参考記事:あなたはどれ?わきがになってしまう5つの原因

 

アポクリン腺は遺伝などの関係で人によって多く持っている人、少ない人それぞれなので、少ない人が喫煙をしたからといってわきがになる可能性は低いです。

一方でアポクリン腺を多く持っている人はニコチンによってわきがが悪化する可能性はあるので、出来るだけ控えるようにしましょう。悪化というと既にわきがになっている人だけになってしまいますが、わきが体質だけど今は全くわきがじゃないという人も喫煙をきっかけにわきがになる可能性もあります。

ニコチンは汗を増やす

汗

また、ニコチンは中枢神経興奮剤と呼ばれ、交感神経を刺激します。交感神経が刺激されると汗が増えるのでわきがの悪化につながってしまいます。

ここで分泌される汗はアポクリン腺から出る汗ではなく通常の運動などをした際に出るエクリン腺から出る汗なのでこの汗自体にニオイの元はありません。

ただし、わきがの元となるアポクリン腺から分泌された汗とエクリン腺から出た汗が混ざることでわきが臭を発生させる汗を広げしまい間接的にわきがを強めてしまうと言われています。

吸いすぎなければ大丈夫

喫煙

ここまでタバコがわきがを悪化させるということを書いてきましたが、わきがに影響が出るのは1日20本以上吸っている人と言われています。

もちろん、タバコは体に悪い物なので喫煙しないのが一番よいですが、わきがという点で見れば1日20本以上吸わなければ特に気にすることはありません。

お酒は体を臭くする!

お酒

お酒を飲む人はたくさんいると思います。お酒はおいしいし、楽しいものでもあります。そんなお酒がわきがの臭いを悪化させる原因になるのです。お酒はただでさえも臭いものですよね。お酒を飲むと体が臭くなるので、ワキガに影響してしまうというのもなんとなくわかるような気もします。

アルコールを飲むと消化しきれなかったアルコールは汗として分泌されます。そのことから体が臭くなるんでしょうね。ただでさえも酒臭い状態になっているのに、プラスしてわきがの臭いが足されるわけですから相当臭いはくさくなりますよね。

お酒は汗を分泌させる

お酒は汗を分泌させる

お酒を飲むことで汗腺は刺激をされます。そうすると汗をいつも以上にかくようになります。お酒で刺激される汗腺は通常のエクリン腺だけではありません。

人間の汗腺はエクリン腺とアポクリン腺の2種類に分類されていて、エクリン腺は全身にある汗腺で暑い時や運動をしたときなどに汗を分泌する普通の一般的な誰もがかく汗です。一方の、アポクリン腺という汗腺がわきがの原因となる汗を分泌します。お酒を飲むことでアポクリン腺までもが刺激されてしまうのです。

わきがの原因となる汗腺が刺激されると、わきがの原因になる汗をたくさんかきます。そうなると当然わきがの臭いは強くなります。わきがの人がお酒を飲むと急に臭いが強くなることがあるのはこのことが原因なのです。わきがの人は、特に外で人とお酒を飲むような機会の場合はデオドラントクリームを塗り直すことをおすすめします。

普段からデオドラント用品は使っていないという人は、周りから臭いと言われないようにするためにも普段からデオドラントクリームを使ってわきがの臭いを抑えていきましょう。

デオドラントランキングを見る

お酒はわきがを改善するケースもある

お酒はわきがを改善するケースもある

お酒は煙草のようにわきがに悪影響を与えるだけではないのです。人によってはお酒を飲むことでストレスが解消されてわきがの臭いが軽減されるようになったという人もいます。

お酒の場合は無理にやめなくてはならないようなものではありません。お酒がストレス発散になっているのならば、わきがに悪い影響を与えているのではなくて良い影響を与えているということですよね。お酒の場合は飲みすぎずに少量の摂取の場合はわきがの臭いにはあまり影響しません。少しだけ飲むのならば体によいものなのです。

参考記事:ストレスを溜めるとわきがになるって本当?

ストレスがあったり、不規則な生活をしていたり、喫煙、飲酒は活性酸素を発生させます。この活性酸素は体を酸化させる原因となっていてわきがの臭いを悪化させます。そして、お酒を飲む時に一緒に食べると良いものはキャベツやピーマンです。

抗酸化作用があるので体臭を弱めることができるのです。お酒を飲んだときだけではなくて、日頃からわきがに効果のある抗酸化作用のある食べ物を食べているといざお酒を飲む時に臭いが出ずらくなります。

お酒と一緒にとうのは合わないのですが、バナナがおすすめです。

クリアネオ