妊娠中や出産後に急にわきがになることってあるの?

妊娠をすると急にわきがの臭いが発生するというということは多いようです。この現象はどうして起こるのでしょうか。わきがの症状というのはアポクリン腺の数の多さや形状などで決まります。

汗腺の数は生まれた時に決まっているものなので妊娠をしてわきがの原因となるアポクリン腺の数が変化するということはありません、ならば、なぜ妊娠するとわきがの臭いがするようになった人やわきがの臭いが強くなったという人が多いのでしょうか。

わきがと妊娠の関係性についてお話していきます。

もともとわきが体質である

妊娠をしたことでわきがになったり、わきがの臭いが強くなったりする女性はもともと、わきが体質であった可能性が高いです。臭いが強くなったという人は、最初からわきがだったことはわかりますよね。

臭いが出てきてしまったという人もわきが体質である要素はあったということになります。簡単にいえば、わきがの臭いが発生するほどのアポクリン腺が体にもともと存在していたのです。妊娠をすることでホルモンバランスは大きく乱れます。

ホルモンバランスが乱れることは、アポクリン腺を活発にしてしまうことからわきがの臭いを強くすることで知られています。ホルモンバランスの乱れ以外で妊娠中にわきがの臭いを強くする原因は、乳腺が汗腺を刺激するということです。妊娠をすると赤ちゃんに母乳を与えるために乳腺が働きます。

そのため、すぐ近くにある汗腺を刺激してしまうのです。

妊娠中は汗をかきやすくなる

妊娠すると女性は汗をかきやすい状態になります。妊娠することで新陳代謝が活発になるのです。妊娠中は皮下脂肪も増えて体内に熱がこもりやすくなるので、熱を下げようと汗を出します。

汗が多くなれば、アポクリン腺からの汗も自然と増えてしまうので、わきがの臭いは強くなってしまうのです。そして妊娠をした女性は、便秘になりやすい体質にもなります。そして妊娠中はストレスも感じやすくなります。

便秘もストレスもわきがの臭いを強くしてしまう原因となるものです。

妊娠中は臭いに敏感になる

妊娠するといつも以上に臭いに敏感になるということは知っていますか。いつもならば、なんとも思っていなかった臭いが気になるようになります。なのでわきがの臭いに対しても感じ方が変化します。

少しのわきがの臭いでも気づいて気になるようになります。妊娠中に初めて感じた自分のわきがの臭いというのは、デリケートになりすぎていて感じていて実際はわきがの症状ではないということもあるようです。

妊娠中でもわきがチェックはできる

妊娠中のわきがの臭いというのは、わきが体質なのか?そうではないのか?ということが、なかなか判断できないものです。そんな時はわきがのセルフチェックをしてみましょう。

当てはまるものが多ければわきが体質である可能性は高いです。

耳垢が湿っている

わきがの原因となるアポクリン腺は脇の下だけではなくて耳の中にも存在します。なので、アポクリン腺の多いわきが体質ならば耳垢は湿っていたり粘り気があったりするのです。

脇汗が多い

脇汗が多い体質の人はわきが体質であることが多いです。これは、脇汗が多いとわきがというわけではなくて、そういう人が多いということです。

家族にわきがの人がいる

わきが体質というのは遺伝で起こることがほとんどです。なので両親や家族の中にわきが体質の人がいれば遺伝している可能性はあります。

洋服に黄ばみができる

わきがの原因となる汗の中には色素が含まれています。なので洋服に黄ばみができます。普通の汗でできる汗ジミは黄色くなるということはありません。黄ばんだ汗ジミができるという場合はわきがであることが多いです。

セルフチェックに当てはまらなかったとしてもわきがである可能性もあります。とりあえず臭いが気になるのであれば妊娠中であってもわきがの臭い対策をしていきましょう。

クリアネオ